2018年4月1日から!「イオンカードセレクト特典」の変更点を確認してみた

こんにちは!
土鍋(@donabe_lifelog)です。

土鍋家では、現金貯金用の普通預金口座としてイオン銀行を使っています。
なぜイオン銀行を使っているのかというと、「イオンカードセレクト・キャッシュ+デビットカード」を持っていると普通預金金利が0.1%になる「イオンカードセレクト特典」があるからなんです!
しかし、2018年4月1日より「イオンカードセレクト特典」の一部制度変更があるそうなので、内容の確認と、現状のサービスを維持するための作戦を考えてみました!

MEMO
本記事では普通預金金利に関する変更点に絞って記載しています。

イオンカードセレクト特典とは

「イオンカードセレクト・キャッシュ+デビットカード」を持っていると適用されるサービスです。
普通預金金利が0.1%になるということで、私の場合は現金貯金用に使っています。

参考 イオンカードセレクト・キャッシュ+デビットカードをお持ちの方の普通預金金利イオン銀行

参考まで、三菱東京UFJ銀行における普通預金金利は0.001%です。
ここだけ切り取って考えると、単純に100倍のということになりますね・・・!

参考 円預金金利三菱東京UFJ銀行

イオンカードセレクト特典の変更点

今までは普通預金金利は0.1%の変動金利だったのに対して、今後はイオン銀行Myステージ(イオン銀行ポイントクラブのリニューアル後の名称です)の適用ステージの金利が適用されるようになるとのことでした。

参考 「イオン銀行ポイントクラブ」リニューアル内容ならびに「イオンカードセレクト特典」の一部変更についてイオン銀行

各ステージに対応する普通預金金利は以下の通りです。

ステージ イオン銀行スコア 普通預金金利(2018年7月適用)
プラチナ 150点以上 0.120%
ゴールド 100点以上 0.100%
シルバー 50点以上 0.100%
ブロンズ 20点以上 0.050%
なし 20点未満 店頭金利

ということで、変更前と同じ普通預金金利を維持するためには「シルバー」以上のステージを維持する必要があるということですね!

変更点を踏まえてステージ判定が「シルバー」になるための条件について考えてみた

「シルバー」以上となるためには、最低50点必要となるます。ステージ判定対象取引、判定基準、イオン銀行スコア配点については以下のサイトに一覧が載っています。

参考 「イオン銀行ポイントクラブ」リニューアル内容ならびに「イオンカードセレクト特典」の一部変更についてイオン銀行

私の場合、適用されるのは「イオンカードセレクト/イオン銀行CASH+DEBIT/イオンデビットカードのご契約」「インターネットバンキングの登録完了」で、ポイント換算すると40点でした。ということでこのままだと普通預金金利が0.050%となっていまいます・・・

残った項目のうち、毎月問題なく継続できるものとしては、イオンカードを毎月1円以上使うか、給与振込先に指定するのが良さそうです。
今後の状況次第ではありますが、私の場合はひとまず給与振込先にイオン銀行を指定することにしたいと思います!

ということで、私の場合は給与振込先にイオン銀行を指定することで、イオン銀行Myステージで「シルバー」を維持して、これまでと変わらない金利でイオン銀行を利用できる算段がつきました!

よかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です