資産運用について嫁に説明した話

こんにちは!
土鍋(@donabe_lifelog)です。

既婚者で資産運用の経験が無い方が資産運用を始めるにあたり、まず超えなければいけないことがありますよね。

そう、嫁の承諾を得ることです!

土鍋家では以下のような会話が繰り広げられました。

資産運用?元本保証されてないんでしょ?
(預金も運用といえば運用だけど)たしかに・・・!

土鍋

資産運用を始めるにしても、まずは必要性と、目標金額について私に説明しろし〜

ということで、まずは必要な金額から考えてみることにしました。

老後を過ごすのに必要な金額について調べた

老後資金として必要な金額については、以下のページを参考にさせてもらいました。

参考 老後資金はいくら必要?どうやって貯める?三菱UFJ信託銀行

上記のサイトによると、一般的に老後資金としては3,000万円必要とのことでした。

中小企業の定年退職時の退職金がおよそ1,400万円とのことなので、まずは1,600万円を目標金額と設定しました
私が働く会社は企業型確定拠出年金があるので、こちらの状況にもよりますが、まずはおよそということで上記の金額としたいと思います。

これきっと毎年見直しが必要なやつだ・・・

土鍋

現状の貯金状況と継続した場合の老後資金について確認した

続いて、現状の貯金状況を継続した場合における老後資金の金額を計算しました。
現状、土鍋家では毎月の貯金状況は以下となります。

  • 現金預金(50,000円/月)
  • 個人年金(10,000円/月)
以上!わかりやすいですね・・・元本保証最高!ってなもんです。
年間72万円貯金していることになるので、今後30年間これを続けられたとすると単純計算で2,160万円となりました。

足りているではないか
ホンマや・・・!

土鍋

とはいえ、上記の計算には子供やその他大きなイベントの費用の発生を考慮していません。ベネッセさんのサイトでは子供一人を育て上げるのに必要な金額はおよそ1,640万円とのことでした。

参考 【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説しますベネッセ教育情報サイト

子供を一人と想定すると、2,160万円ー1,640万円=520万円となり、目標額の1,600万円に対しては1,080万円足りないことがわかりました。
投資などは行わずに1,080万円貯金するためには、以下のように修正する必要があります。

  • 現金預金(80,000円/月)
  • 個人年金(10,000円/月)

厳しい・・・
ホンマに・・・

土鍋

ここでようやく土鍋家に資産運用の必要性が芽生えた様子。

資産運用を行なった場合について検討してみた

続いて、資産運用を行なった場合はどのようになるのか検討してみました。
資産運用シミュレーションについては金融庁の以下のサイトを参考にしました。

参考 資産運用シミュレーション金融庁

上記サイトによると、想定利回り(年率)3%で30年積立た場合に1,000万円貯めるためには、月に17,160円必要という結果となりました。
ということでこちらを加味すると月々の貯金額については以下のようになります。(ピッタリではなく、ニヤリイコールくらいで計算しています)

  • 現金預金(40,000円/月)
  • 積立投資(17,160円/月)
  • 個人年金(10,000万円/月)

単月の貯金額で考えると現状プラス7,000円となり、多少現実味がありますね!

7,000円なら頑張れる!けど元本割れ怖い・・・
リスクの高い投資は行わないことにしましょう!まず2018年は投資信託で資産運用を行なってみてもよろしいか?

土鍋

良い。年末に報告してね。
はい・・・

土鍋


ということで、嫁の心配を煽っただけという気もしなくはありませんが、投資信託による資産運用を始める了承を得ることができました!

嫁に説明するためだったとはいえ、自分たちの将来的なゴールを設定できたことはよかったと思います。これから、がんばっていくぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です